ブランク研修


ブランク研修イメージ

長い間ブランクのある方のための、さらに充実した内容の研修制度です。

 

わかりやすい内容に加え、経験豊富な管理薬剤師によるマンツーマン指導ですので、自信をもって現場に復帰することをサポートします。

 

主に以下の内容を研修します。

  • 調剤報酬の改定
  • 新薬・ジェネリック薬品の名前、効果
  • 調剤手順の方法
  • 患者さまとの対応
  • 処方せんの読み方
  • 電子薬歴・分包機の使い方 

STEP1. 自主学習

採用薬品のリストをお渡しします。

今日の治療薬(貸し出し用)で使用量の多いものから覚えていきましょう。

  • 先発品、後発品
  • 一般名、商品名
  • 効能・効果・副作用 等
↓

STEP2. 実務研修

店頭にて、調剤手順からマンツーマンで研修します。

調剤業務が一通りこなせるようになったら、投薬業務になります。

ブランクがあっても薬局勤務の経験があれば、さらに短期間での現場復帰が可能です。

2-1. 調剤編

STEP1.
処方監査

電子薬歴を参照しながらチェックします。

前回と今回の処方内容の比較や波線部は電子薬歴でカラーでチェックできます。

  • 処方せんの読み方(処方薬の分量、用法、用量)が適正か 
  • 禁忌はないか
  • 使用薬との相互作用はないか
  • 使用上の注意はないか等

ポイント :

処方せんの読み方、電子薬歴の使い方を丁寧に指導します

STEP2.

薬剤の調整

内用薬、外用薬を50音順の陳列棚より取り出し、専用のトレーに用意していきます。

陳列早見表を利用してください。

一包化の場合は、全自動分包機を使います。

 

ポイント :

整理された棚と陳列早見表でスムーズに作業ができます

STEP3.

調剤薬の鑑査

処方せんを見ながら、薬品名、剤形、規格等を用意した薬と照合。 間違いがないか再度確認します。

STEP4.

完了

投薬者へトレーを渡します。

研修期間は調剤手順が中心で、期間はブランク歴、経験歴に応じて約1~3ヶ月です。

2-2. 投薬編

STEP1.

調剤薬の鑑査

調剤者と投薬者でダブルチェックします

処方せんを見ながら、薬品名、剤形、規格等を用意した薬と照合し、正しく用意できているかを確認します。

確認後、薬袋の印字と薬を確認しながら、薬袋に薬を入れます。

 

電子薬歴から患者さまの薬歴を出します

表書き(併用薬、アレルギー体質等)、申し送り(前回からの伝達事項)、前回処方、禁忌、相互作用、副作用等をチェックします。

これらのチェック項目は、ほとんど電子薬歴上でチェックできます。

当社ではすべての店舗で電子薬歴を導入しています。

 

ポイント : 

処方せんの読み方、電子薬歴の使い方を丁寧に指導します

STEP2.

服薬指導

指導薬剤師(主に管理薬剤師)が服薬指導をしている様子を見ながら、雰囲気、手順などを覚えていきます。

服薬指導の経験があり、簡単な処方(1~3剤程度)の場合は、状況に応じて一人で服薬指導をしていただきます。

 

※疾患別服薬指導書を貸出ししています

※処方せんの受付、レセプトコンピュータの入力、会計およびレセプトの保険請求は、受付事務スタッフが担当します 

STEP3.

完了

患者さまとの信頼関係が大切です。店舗により患者さまの層が違いますので、患者さまにあった接遇を心がけます。

 

期間はブランク歴、経験歴に応じて約1~3ヶ月です。