キャリアアップ


キャリアアップイメージ

薬剤師として豊富な経験を積み、知識や技能の幅を広げていくことで、薬剤師から管理薬剤師、そしてエリアマネジャー店長といった道が開けてきます。

 

薬局薬剤師として磨きをかけるだけでなく、マネージメント職として、本部、管理部門のポジションにもチャレンジすることができます。

 

何のためにキャリアアップをしたいのか、それによってキャリアアップの方向性も変わってきます。将来目指すべきポジションにキャリアアップできるよう、資格取得支援制度も整えています。

 


薬剤師

正社員・パート社員

薬局内での保険薬剤師業務全般を担当します。

  • 発注・在庫管理業務は準社員以上が行います。
  • レセプト請求は受付事務スタッフが行います。
↓

管理薬剤師

正社員

薬局内での保険薬剤師業務全般に加え、店舗管理者としてスタッフ教育、売り上げ管理、在庫管理等、店舗全体をまとめる役割を担います。

↓

エリアマネージャー

正社員

3~5店舗を管理します。各店舗に週4日程度入り、各店舗の業務内容をチェックし、各店長とともに改善していきます。

管理店舗内での急な欠員があり、該当店舗内で補充できない場合は、代替スタッフとして出向きます。

エリア内で新規出店の際は、店舗設計、企画にも携わることができます。

本部

正社員

将来的に在宅、教育研修、マーケティング等の部署を配置する予定です。

薬剤師として店舗業務から培ってきた経験を活かしてください。